エリザベス女王と私の17才

今朝になり、ニュースで知った。

イギリスのエリザベス女王が崩御されたと。

そして、National Anthemを歌うイギリス国民たち。

そのニュースを読んで、ふと口をついて、私も歌ってしまった。

”God Save the Queen”

うろ覚えながら、今でもなぞるように歌えたことはびっくりだった。

17歳のころ、1年間オーストラリアに住んでいて、そのうち半分を現地ハイスクールで過ごした(そのあと半分はカレッジだった)。

ハイスクールでは、Assemblyがあると必ずこの曲を歌っていた。

イギリス国家を知っていたわけでもなく、何を言っているのかまったくわからなかったので、最初のうちは見よう見まねしていた(聴いて、なんとなくキャッチして口ずさんだ)。

そのうち、ずっともごもご歌っているのが恥ずかしくなって、ホストファミリーに「この歌はなんだ?」と聞いて、歌詞の内容を教えてもらった。

長くなってきた人生のほんの一部で歌っていた、イギリスのNational Anthemが、数十年経って今よみがえる。

大学時代に行ったイギリス。

オーストラリア、シンガポールなど、私が暮らした国に大きくかかわったイギリス。

イギリスと日本の共通項を見つけ、比較文化、言語比較に興味を持った若いころ。

イギリスのどんよりと暗い空。寒い冬。

スコットランドの厳しい景色。

オーストラリアのパイナップル畑の友人。

BBQパーティでげらげら笑いあったホストファミリーや友人たち。

おいしいステーキサンドイッチとフレンチフライ。

初めて自分で自分の服を買った、海岸沿いの小さな洋服屋。

イギリスの大学のバーで初めて歌ったこと。

イギリスのホストファミリーがPubを経営していて、ぬるくて出来立てのビールを飲ませてもらったこと。

オーストラリアもイギリスも、必ず家や学校にはエリザベス女王の写真や肖像画が飾ってあった。

自分の若いころ、今の自分の記憶のスタートのような過去を振り返ったニュースだった。

ご冥福をお祈り申し上げます。

関連記事

  1. 明日、2/28(月)夜にラジオ番組に出演します

  2. 【一番早い開花宣言】

  3. 新しいHP完成!

  4. Special thanks

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Calendar

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930